こんばんは。
東京都が推進している「日常備蓄」などを中心に記事にします。


【日常備蓄とは】

備蓄というと、箱に一式非常時の食品等を積めて置いておくという概念が根強いですが、この「日常備蓄」の基本的な考え方は「普段こまめに買っているものを余分に買って在庫を増やしておく」ということです。

※ 例えば賞味期限の長いお気に入りのお菓子

毎日買うなら、いったん在庫として10個(10日分)買って、以後はこれまで通り食べる分は買って在庫の古いものを消化していくという方法です。

特に生鮮食品以外のお菓子やパン等で非常に有効かと思います。

東京都防災ホームページ
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1001855/index.html

touedfwe


juiuad



【個人的なプラスアルファ】

これは私個人の意見ですが、こういった方法に加えて
・非常時にはサランラップで普段使用しているお皿・コップにひいて使いまわす。
・ミネラルウォーター等は普段のミネラルウォーターで構わない。(もともと賞味期限が長い)
・昔から言われているお風呂の水張りは常にしていく。(これは飲めないですがトイレなどで使用できる可能性)
・窓ガラスの飛散防止シート。


上に記載した東京都のページは一度目を通しておくことをお勧めします。