takaujitoujiin

写真は室町幕府初代将軍の足利尊氏。
京都の等持院にこの木像があります。明治維新時には逆賊としてこの木像を切り落とされた事件で有名ですね。

【鎌倉幕府内の足利尊氏】

足利氏は鎌倉幕府内で有力御家人であり、また足利尊氏は北条一門から特に優遇されたり一目を置かれています。
尊氏の正室は北条(赤橋家)であり、結婚後、義理の兄である赤橋盛時が執権となっています。
足利氏は歴代、北条一門と婚姻関係を結んぶことが多いですが。
また官位も北条一門待遇で尊氏は扱われていたり、後醍醐天皇等の討幕の際には大将の一人として出兵するなど、若い頃から北条一門扱いVIP待遇であったのは異論がないかと思います。


この経歴誰かに似ているな・・・と思ったら、徳川家康でした。

徳川家康は今川家で人質扱いされていた・・・とされていますが、実際には今川義元の子、今川氏真と一緒に英才教育をされていました。そして築山殿と結婚し今川一門扱い、桶狭間の戦いでは一大将として参戦しています。
結果的に大恩のあった今川家に侵略するため、後日、その行為を正当化するために「人質」扱いされてたということにされて伝承された・・・というのが事実かと考えられます。
実際に、家康は隠居・余生を駿府で過ごしたことからも、今川時代の思い出は相当良かったのでは。。と推測できます。

2人とも、若い頃から只者ではないオーラが漂っていたのでしょうね。


【討幕の動機:太平記など】

太平記や伝記などによると、尊氏は北条一門から軽んじられ、その北条が乱れていたことに嫌気がさし、都周辺の情勢や「天下をとれ」という先祖の置き文に触発されて討幕を決意したとされています。


【足利尊氏の価値観・性格】

基本面倒臭がり屋さんです。権力欲や地位名声等もいらない、欲がないという行動原理が目立ちます。
新田次郎の「新田義貞」では足利尊氏は「変わった貴公子」扱いされています。
幕政といった政治活動は「面倒だから弟に全部任せる」というスタンスで、これが結果的に権力闘争、室町期のごちゃごちゃにつながっていきます。
この間には「田楽もいいけどたまには政道もしてくれ!」と弟などにたしなめられているのが象徴的です。


【討幕の動機・私説】

鎌倉幕府の討幕、そして後醍醐天皇との闘争、室町幕府の開設に至るまでは、足利一門の政略、謀略等非常にあざやかです。

その後の行き当たりばったりに比べると本当にあざやかです。

まるで本能寺の変後の豊臣秀吉のようです。

そして幕府成立後は、討幕当時から行動を共にした足利一門である三河派(細川氏・斯波氏等)の繁栄が京都では目立ちますが、半ば独立した機関である鎌倉府(実質室町第2幕府)では、特に上杉氏の繁栄が顕著です。

上杉氏は尊氏の母親方であり、数代前に鎌倉幕府の将軍となった親王に、京都から供奉してきた藤原系の一族です。

ただ、この親王将軍はクーデター容疑で失墜し、上杉氏も鎌倉幕府内で失墜しています。

鎌倉時代、足利家は北条一門と婚姻を繰り返しその嫡子が継ぐのが通例化しています。

しかし尊氏の母は足利家臣でもあった上杉家です。

尊氏には異母(北条系)兄弟で高義という兄が足利氏の家督を継いでいます。
しかし若くしてなくなり、また隠居した父が再度家督を継いでいます。

(北条家の血の入っていない)尊氏への家督相続はない!と公言しているようにも映ります。

以下は個人的な推理です。

母方上杉一門はこのあたりに不満を持つのは当然であり、足利一門の中で倒幕派を形成していったのかなと。

足利尊氏の性格から判断しても、鎌倉幕府討幕の動機は、尊氏本人よりも上杉氏の願望、計画が強かったのかなと自分は考えています。

太平記で尊氏の母の動向や記載が少ないのは、そのためではないか・・・とも考えられます。

また以下は完全に妄想です。

足利氏に伝わってきたという有名な「北条に変わって天下を取れ!」という置文は、実は失脚させられた鎌倉親王将軍の置文であり、失脚後、上杉氏に託しそれを足利氏用に合わせたのではないかとも推理させられます。




また徒然。。。